FaBoライブラリのインストール

Overview

Arduino IDEのライブラリマネージャ機能により、インターネット経由でFaBoを使うためのライブラリをインストールすることができます。 対応しているものは、それぞれのBrickのページで案内しています。

Arduino IDEバージョンについて

Arduino IDEは、次のページで配布されている、1.6.7以上のバージョンが対象となります。

Download the Arduino Software

※ドメイン名:arduino.ccから配布されているものになります。

インストール方法

  • Arduino IDEを起動します。
  • メニューから、「スケッチ」→「ライブラリをインクルード」→「ライブラリを管理...」を選択します。
  • 次のような、「ライブラリ マネージャ」のダイアログが表示されます。

  • ダイアログの右上にある、”検索をフィルタ...”ボックスに、「FaBo」と入力します。

  • 表示されたリストの中から、対象となるBrickのライブラリ名をクリックして選択し、「インストール」ボタンを押します。

  • インストールが完了すると、リストには「INSTALLED」と表示されます。右下の「閉じる」ボタンを押して、「ライブラリ マネージャ」ダイアログを閉じます。

  • 次にライブラリを使ったスケッチ例を開いてみます。

  • メニューから、「ファイル」→「スケッチの例」→「(※対象ライブラリ名)」→「(※スケッチ例)」を選択します。スケッチ例はライブラリによって名称が異なります。

  • Brickを接続し、開いたスケッチ例をArduinoに書き込んで、動作をご確認ください。