#502 OUT/IN Shield for Raspberry Pi

Overview

OUT/IN Shield for Raspberry Piは、Raspberry Piと各種センサーやボタンをケーブルを1本接続するだけで使えるRaspberry Pi対応シールドです。

Raspberry Pi本体、およびRaspberry Piケースは含まれません。別途、お買い求めください。

コネクタ

アナログコネクタ(3pin)

  • A0
  • A1
  • A2
  • A3
  • A4
  • A5
  • A6
  • A7

SPI接続の10bit ADコンバータがシールド上に実装されています。

具体的な使用方法は、Analog Brickの各ページをご参照ください。

GPIOコネクタ(3pin)

  • GPIO4
  • GPIO5
  • GPIO6
  • GPIO12
  • GPIO13
  • GPIO16
  • GPIO17
  • GPIO18
  • GPIO19
  • GPIO20
  • GPIO21
  • GPIO22

Servoコネクタ(3pin)

  • GPIO23
  • GPIO24
  • GPIO25
  • GPIO26
  • GPIO27

サーボモータ接続用コネクタ(2.54mmピッチピンヘッダ)

シリアルコネクタ(4pin)

I2Cコネクタ(4pin)

I2CとSPIの有効化の設定方法

OUT/INシールドとBrickを使う際に、I2CとSPIを有効化する必要があります。

  1. インターネットへ接続できる様に設定してください

  2. Raspberry Piを最新版にアップデートします

    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    sudo rpi-update
    sudo reboot
    
  3. raspi-configでI2CおよびSPIの有効化をします
    sudo raspi-config
    メニューから[9 Advanced Options]>[A5 SPI]および[A6 I2C]を選択して有効化します
    
  4. I2C動作確認用のパッケージをインストールします
    sudo apt-get install i2c-tools
    
  5. 再起動します
    sudo reboot
    
  6. I2CのBrickが接続されている場合、次のコマンドでI2Cアドレスが表示されます
    sudo i2cdetect -y 1
    
  7. サンプルで使用している、Pythonモジュールをインストールします
    sudo apt-get install python-dev
    sudo apt-get install python-smbus
    sudo pip install spidev
    

Schematic

GitHub