#105 Vibrator Brick

Overview

振動モーターを使用したBrickです。

I/Oピンから振動モーターのON/OFFを制御することができます。

Connecting

Arduino

アナログコネクタ(A0〜A5)、またはデジタルコネクタ(2〜13)のいずれかに接続します。

Support

Arduino

Parts Specification

Document
LA3R5-480AH1

Schematic

Sample Code

for Arduino

A0コネクタに接続したButton Brickの入力により、D2コネクタに接続したVibrator Brick のON/OFFを制御しています。

//
// FaBo Brick Sample
//
// #105 Vibrator Brick
//

#define vibratorPin 2 // Vibratorピン
#define buttonPin A0  // ボタンピン

int buttonState = 0;

void setup() {
  // Vibratorピンを出力用に設定
  pinMode(vibratorPin, OUTPUT);
  // ボタンピンを入力用に設定
  pinMode(buttonPin, INPUT);
}

void loop(){
  // ボタンの押下状況を取得
  buttonState = digitalRead(buttonPin);

  // ボタン押下判定
  if (buttonState == HIGH) {
    // ボタンが押された場合、Vibratorオン
    digitalWrite(vibratorPin, HIGH);
  }
  else {
    // Vibratorオフ
    digitalWrite(vibratorPin, LOW);
  }
}

for Edison

A0コネクタに接続したButton Brickの入力により、D2コネクタに接続したVibrator Brick のON/OFFを制御しています。

//
// FaBo Brick Sample
//
// #105 Vibrator Brick
//

//library
var m = require('mraa');

//pin setup
var button_pin   = new m.Gpio(14); //Button A0
var vibrator_pin = new m.Gpio(2);  //vibrator D2

button_pin.dir(m.DIR_IN);     //Button input
vibrator_pin.dir(m.DIR_OUT);  //vibrator output

//call loop function
loop();


function loop()
{

  if (button_pin.read()){
    vibrator_pin.write(1);
  }
  else {
    vibrator_pin.write(0);
  }

  setTimeout(loop,10);
}

Parts

  • 振動モーター LA3R5-480AH1

GitHub